気軽な笑いが八割、文句が二割くらいです。


by aco_325

ドラマ「ハケンの品格」

仕事とはなにか。
働くとはどういうことか。
そんな本質的なテーマを据えたドラマ、「ハケンの品格」が最終回をむかえた。

「一緒に働くことは、一緒に生きること」。

この言葉が光っていた。
多くのひとの胸に届いただろう。私もそのひとり。


思えば、いままで「職場」を描いたドラマはたくさんあったが、それらは必ずしも「仕事」を描いてはいなかった。

仕事について考えさせてくれたこのドラマ。しかも、堅苦しくなく豪快に笑わせてもくれた。


ドラマが終わっても、
「一緒に働くことは、一緒に生きること」、という言葉は忘れない。
[PR]
# by aco_325 | 2007-03-16 00:55 | 日々の暮らし

カモメの距離

b0005687_0144953.jpg

少し前に、不忍池で撮った写真。

一本のポールに、一羽のカモメ。律義に。

たまに、カモメ間でポール争いが起きていた。
[PR]
# by aco_325 | 2007-03-15 00:14 | 日々の暮らし

100年ぶりの再会

日が過ぎてしまったが、感想を書いておこ。
太田記念美術館の「ギメ東洋美術館所蔵 浮世絵名品展」に行った。

葛飾北斎の「虎図(雨中の虎)」(太田記念美術館蔵)と、
葛飾北斎の「龍図」(フランス国立ギメ東洋美術館蔵)。

この二作品は、それぞれの美術館に所蔵されていて、
長年、双幅であることが知られていなかったという。
雨中の虎が、何を見ているのか、わからなかった。
でも、二つを並べてみたらー、
虎の視線の先には龍がいることがわかったと。

そして、世界ではじめて、この二つを並べて展示することに
なったのが、この展覧会だった。100年ぶりの再会。

「100年ぶりの再会」、この言葉にゾクっとした。なぜか泣きそうに。
この言葉を聞かなかったら、出不精な私は足を運ばなかったかも。

いざ美術館に入ると、虎と龍。
前の畳に正座して、したり顔で眺めてみる。
正直、浮世絵のことはよくわからない。けれど、
「よしよし再会しておるな」と、勝手に見届けた気分に。

再会を勝手に見届けた後は、北斎や歌麿の浮世絵を観賞した。
人混みと会場の狭さ、見づらさに辟易。
もし江戸の人が、現代人がひしめきあって浮世絵に
群がる様子を見たら、いったいどう思うだろ?
などと空想して紛らわす。

雨に打たれたあとのようにぐったりして、会場を後にした。
ともあれ、虎と龍は再会できてよかったね。
[PR]
# by aco_325 | 2007-03-09 12:25 | レビューなど

たとえばふたつの雨粒が

仕事の打ち合わせにて。

ふたつの小さな要素をまとめてひとつの項目にすることを、

「電車の窓についたふたつの雨粒が
 大きなひとつになるように」

と例えたら、やや好評だった。
調子に乗って、

「下唇にできたふたつの口内炎が
 大きなひとつになるように」

と例えたら、存外不評だった。
たとえ話って難しい。
[PR]
# by aco_325 | 2007-02-06 23:59 | 気になる言葉

電球の実

b0005687_15111163.jpg

カフェの窓に電球が映って、まるで、木に電球の実がなっているようでした。
[PR]
# by aco_325 | 2007-02-05 15:11 | 日々の暮らし

ねっこくん

NHKの「みんなのうた」で流れている「ねっこくん」が好きだ。

木のねっこが主役のうた。演歌調の軽快なうた。


♪はあぁああ~
俺の名前はねっこくん~~
(ねっこくん~)←コーラス♪

ねっこが木を支えてるんだよと、ねっこの大切さを、ねっこ視点で歌い上げている。
あわせて、季節の移り変わり、食物連鎖について、森林破壊についてなんかもさらりとふれて。
さらには、みんなそれぞれ持ち場があって、みんながんばっているんだよと普遍的なテーマを伝えてる。

まあそんな理屈もふっとぶくらい、曲調がお気楽な感じですごくいい。
そのくせ途中でちょっと変調っていうの?なんか効いたアレンジがあるのがニクイ。
アニメも、色や線がシンプルでかわいらしくて、でもアングルなんかがちょっと工夫されててニクイ。

総じて説教ぽくなくたのしいのがとてもよい。

私はこのごろ毎日鼻歌で歌ってる。
テレビで流れない日はガッカリ。
CDとかDVDとか欲しくなってきた。

私に買うのをためらわせているのは、もはや「山本譲二のCDやDVDを買う」ということへのかすかな抵抗感だけだ。


♪はあぁあ~~♪
[PR]
# by aco_325 | 2007-01-31 00:42 | 日々の暮らし

ぎんなんをひろう

b0005687_16364199.jpg
神宮外苑の銀杏並木で、ぎんなんを拾った。
ここにもなってるなんて知らなかった!

ていうか、恥ずかしながら、
こういう果肉?みたいなものに
包まれていることを知らなかった。
この中に固い殻があるんだよと、
知らないおばさんが教えてくれた。

b0005687_16322118.jpg
そうと知っては黙っちゃいられない。
大好物なので、たくさん拾う。

いちょうの美しさを鑑賞にいったのに、
下ばかりむいていたという。
でもかなり満足。

[PR]
# by aco_325 | 2006-12-02 16:08 | 日々の暮らし

住まいの好み

いま私は賃貸マンション暮らし。
マンションを探したときにわかった、住まいの好み。

・都会の真ん中だけど閑静。
・日当たりがよい。
・大通りに面していない。隣の建物と離れている。
・低層のマンション。できれば戸数も少なめ
・できれば最上階。

なるべく最上階に住みたいのは、
私の上に人がいるなんて失礼な!と思ってしまうから。
プライドが無駄に高ぇな〜。
隣と離れていたいのも、同じような理由かも。

いまの部屋は3階建ての賃貸マンションで3階の角部屋。
ベランダの前は道なので、隣のマンションの壁も近くない。
敷地面積はかなーり狭い(20平米以下)のだけど、
こういう精神的な圧迫感がないところが気に入って、
この部屋で3回目の冬を迎えようとしている。

この部屋を離れるとしても、
敷地面積だけでなく、精神的に楽かどうかも考えて
住む場所を決めたいなぁ。
[PR]
# by aco_325 | 2006-11-16 14:31 | 日々の暮らし