気軽な笑いが八割、文句が二割くらいです。


by aco_325

ビニール理論

スーパーマーケットで、指が乾燥しているために
ビニールが開かなかったとき、あなたがとる行動は、どのレベルまでか。
私の中で、勝手につくったレベルがある。
--------------------------------------------------------------------------------------------
LEVEL1:なんとか開けようと、指でくにくに捏ねて、なんとか開ける
LEVEL2:両手で拝むようにビニールを揉み込んで、摩擦で開ける
LEVEL3:スーパー備え付けの濡れ布巾で指を湿らせて、ビニールを開ける
LEVEL4:べろん!と指を舐めて湿らせ、ビニールを開ける
--------------------------------------------------------------------------------------------
※ビニールが指の潤いで開けられる人は除く。


私の場合、ひとり暮らしをする前までは、LEVEL1以下だった。
スーパーにそれほど行かなかったし、指もさほど乾燥していなかったから。
ひとり暮らし1年目でLEVEL1になり、2年目でLEVEL2になった。
そして3年目の今、LEVEL3に。
しかし、LEVEL4は、どうしてもできない。それは、最後の砦。
ここを越えてはならないぞ!と、もう一人の自分が警告してる。

もうすぐ4度目の秋が来る。
[PR]
# by aco_325 | 2007-07-13 19:20 | 私の意見
スーツ姿の男性は苦手、と書きました。

だけど、例外もあります。
スーツ姿の男性(とくにおじさん)が
ママチャリに乗ってると、嫌いじゃない。むしろ好き。

[ おじさん IN スーツ ON ママチャリ = 好ましい ] の法則。

こないだ、その法則のおじさんを載せた自転車が
2台連なって走っているのとすれ違いました。

[ おじさん IN スーツ ON ママチャリ ] × 2 = 非常に好ましい

ということが判明しました。
[PR]
# by aco_325 | 2007-05-24 22:55 | 私の趣味・嗜好

スーツの人

ときめく女性も多いようですが。
私はスーツを着た男性がとても苦手です。

なぜか身構えてしまうし、敵対視してしまいます。
複数でいると余計に。

苦手になったのは、社会人になってから。
理由はたぶん、自分とは別世界の人って感じがするから。
男性社会の象徴みたいだから。
おなじ社会人なのに、入り込めない感じ。

幸い、いま勤めている会社にはスーツ着てる人はいません。
職場まわりにも、いわゆるビジネススーツ姿の人は少ないです。よかった。

たまに、オフィス街に行ったり電車に乗ったりして、
スーツの人たちを多く見ると、疲れます。
ましてやスーツを着た取引先の人に高圧的な態度をとられると…。

スーツが好きなかたやスーツを着てるかた、
どうか気を悪くしないでください。
今日の私は、ちょっと慣れないスーツにあたって疲れただけですから。

強い陽射しにあたって体力を奪われた、または
冷たい夜風にあたって身体を冷やした、そんな感じです。
[PR]
# by aco_325 | 2007-05-24 01:10 | 日々の暮らし

いい葉

気に入った葉は、揉むようにしています。

私は植物の名前をあまり知らないのですが、
なんとなく、「いい葉!」と思うことがあります。
やわらかそうだ、とか。いい曲線だな、とか。

道を歩いていて、「いい葉!」と思えば、
摘まずに揉みます。傷めない程度にかるく。


b0005687_231336.jpg
写真の葉は、目黒の庭園美術館にあった葉。
まるっこい感じがいい。
一日ぶらぶらした中で、私のベストでした。

これまでのベストはというと、
奥入瀬渓谷で拾った黄色い葉でしょうか。
みずみずしくて、むにむにと柔らかい。
落ち葉だったので、ずっと手で揉みながら、渓谷を歩きました。
揉みすぎて、触感が味わえなくなるまで。
噛みすぎて、味がなくなったガムのように。

最後は、奥入瀬の澄んだ水に流しました。
サヨナラ。いい葉。
名もなき、いい葉。(ただ私が名を知らないだけ)

11月8日は、いい葉の日。
みんなでいい葉を揉む日。
に、なったらいいのにね。
ならんか。
[PR]
# by aco_325 | 2007-05-18 23:13 | 私の趣味・嗜好

夢の味

夢で、 ミカク を手に入れた!

齢33にして、新しい技を習得。
夢の中で食べ物を味わう技術を身につけました。

若い頃は、夢に食べ物がでてきても、
食べられなかったり、食べる寸前で目が覚めたり、
はたまた、食べても味がしなかったような気がします。

しかし最近は、夢の中で食べ物を味わうことができます。
ビュッフェでたくさん食べて美味しかったり、
ラーメンの麺とつゆの相性を感じたり、
しまいにゃ、こないだは、花の蜜を吸ってみたら甘かったり。

うれしいことに、どれもすごく美味しい。さらに、満腹になる。
あ、 マンプク も手に入れてる。

私は幸せです。

小3男子の日記か。
[PR]
# by aco_325 | 2007-05-18 22:27 | 日々の暮らし

礼っ

自転車で通勤中。
日差しが眩しくて、右手で顔にひさしをつくった。

ら、前から自転車に乗った警察官が。


パトロール、ご苦労様っす! の、敬礼みたいになった。
あたしは警察好きのちびっこか。


心外です。
[PR]
# by aco_325 | 2007-05-15 09:00 | 日々の暮らし

「注染づくし」

b0005687_143762.jpg

昨日、手ぬぐい展覧会にいきました。

「注染づくし」見たり聞いたり試したり

戸田屋商店という手ぬぐい屋の催しで、会場は深川江戸資料館。

そこで、染め体験をさせてもらいました。
木のコテで糊をつけます。よもぎいろの糊です。
染料をはじくためのもののようです。
糊をつけたら、おが屑などをつけて乾かします。

そして色をつげます。多色使いのデザインの場合、色を分けるところは糊で土手を作ります。土手に囲まれた部分に染料を流し込みます。ピンクは二つの染料を合わせて色を出すそうです。
職人さんは二色をつかってうまいこと混ぜ、グラデーションをつけることも。

私はただ流し込むだけなのに、二回も土手からはみ出してしまいました。土手決壊。

しかし、ちょっと道具に触らせてもらえただけでも嬉しかったです。
そして、好きな手ぬぐいの染めかたが分かって嬉しかったです。以前も見かけたことがありましたが、いままでよくわからなかった部分があったので。

これから手ぬぐいを見るとき、「あー土手で分けたんだなー」「継ぎ目のところの柄があってるなー」なども思うことでしょう。

いただいた手ぬぐいは思い出思い出。


家に帰ったら、上着とスカートと靴と靴下に、よもぎいろの糊が、べったり付いていました(スモッグを貸していただいたのに不覚)。

がりがり剥がしました。
これもまあ思い出思い出。
[PR]
# by aco_325 | 2007-03-27 01:43 | 日々の暮らし

いい線

男前な女性と、愛妻家の男性が好き。

好きというより、憧れに近いかな。
男前な女性や愛妻家の男性を、遠巻きに見ていたい。
彼らの生きる線は、私のそれとまじわることはないけれど、
遠くから離れて見ると、気持ちいい線だから。

どれどれ。いい線いってる?
[PR]
# by aco_325 | 2007-03-27 00:36 | 日々の暮らし