気軽な笑いが八割、文句が二割くらいです。


by aco_325

カテゴリ:気になる言葉( 27 )

服くらい、


服くらい、おもいっきり買える世の中に。


BYニッセン



このコピー、すごく好き。
共感できるし、
ニッセンの姿勢も伝わってくる。

ユーザー視点でもあり企業視点でもある、なのにシンプル。
しかも世相も時代も反映させてるのに悲壮感はない。

こういうのが書けたらいいなぁ!
[PR]
by aco_325 | 2009-09-19 01:47 | 気になる言葉

縫う人、待つ針。

今日は、繕いものをしていた。

パンツやスカートの裾をまつったり
カットソーの首もとにゴムを縫いつけたり。


ミシンはないので手縫い。
肩が凝る凝る。
左肩が熱い。

待ち針とか、しつけ糸とかしないで
いきなり縫っているので
縫い終わりの端が合わなくて
端を切ったりしてる(笑)
そもそも、うちには待ち針がないし。


ときに、『待ち針』ってかわいい名前だ。
留め針とか、押さえ針とかでなく
待ち針だもん。

待ってんだよ、縫い糸がやってくるのを。
健気だ。健気針。


さてもうひと縫いしよう。
[PR]
by aco_325 | 2009-06-28 20:24 | 気になる言葉

白髪ねぎ

「白髪ねぎ」というけれど。


食材にその呼び名はないだろうと、
ふと思いました。
[PR]
by aco_325 | 2008-12-28 22:26 | 気になる言葉

つられカタカナ

たまに、こんな貼り紙、みませんか。

--------------------------------------------------------------------------------
「扉は、シッカリト閉めて下さい」
--------------------------------------------------------------------------------
「日程は、ズレルことがあります」
--------------------------------------------------------------------------------

私は、これを「つられカタカナ」と呼んでいる。
たぶん「シッカリと」「ズレる」なのだろうけど、
前のカタカナにつられて、全部カタカナになっちゃう。
比較的、年配の方が書く縦書きの貼り紙に多いと思う。

別に間違いじゃないし、目くじら立てる気もない。
ただただ好きで、見つけては楽しんでいるだけ。コッソリト。
[PR]
by aco_325 | 2007-12-03 13:41 | 気になる言葉

自分と折り合いをつける

「自分で自分に折り合いがついていない人ほど、付き合いにくい人はいない」
どこかで目にしたこの文章が、忘れられない。

たとえば、ハローさんという人がいるとする。
ハローさんは、ある人にとって、偏屈でわがままな、いけすかない人物。
しかし他の人にとっては、こだわりと自己主張のある、尊敬できる人物だったりする。
それって、どんな人でも、誰かしらとは付き合える、
どんな人でも、どこかしらに受け入れられる場所があるってこと。

でも、ただひとつ例外があるとすれば、
それは、ハローさんがハローさんを拒んでいる場合。
ハローさんがハローさん自身と折り合いをつけていない限り、
誰もハローさんと付き合えるはずがない。
自分自身を拒絶することで、自分を嫌う人はもちろん、
自分を好いてくれる人すら拒絶しているから。

みんな、いつ、どうやって自分と折り合いをつけたんだろう。
折り合いをつけるって難しいね。
[PR]
by aco_325 | 2007-08-24 11:45 | 気になる言葉

ちょっとしたパーティー

ちょっとしたパーティー。

洋服屋の売り子が口にするこの言葉。
たとえば、
「アクセサリーを合わせればちょっとしたパーティーにも着て行けますし」とか、
「このサイズはちょっとしたパーティーにも使えて便利ですよ〜」とか。

それを聞くたび、
ちょっとしたパーティーなんて
何処にあるのさ…と、苦々しく思っていた。

だがしかし。先日ついに、幻のそれに遭遇した。
知人が「今日、ちょっとしたパーティーがあるのですけど行きません?」と。

思わず「ちょっとしたパーティー!!」と
喜びの叫びをあげてしまった。

しかし、誤解しないで欲しい。
私が叫んだのは、ちょっとしたパーティーに行けるからじゃない。
ちょっとしたパーティーが実在したこと、それが嬉しかったのだ。

その夜、パーティーには行かなかった。
[PR]
by aco_325 | 2007-07-21 01:06 | 気になる言葉

たとえばふたつの雨粒が

仕事の打ち合わせにて。

ふたつの小さな要素をまとめてひとつの項目にすることを、

「電車の窓についたふたつの雨粒が
 大きなひとつになるように」

と例えたら、やや好評だった。
調子に乗って、

「下唇にできたふたつの口内炎が
 大きなひとつになるように」

と例えたら、存外不評だった。
たとえ話って難しい。
[PR]
by aco_325 | 2007-02-06 23:59 | 気になる言葉

字面と語感

仕事で、大容量のデータをメールで送受信したいとき。
通常のメールソフトでは容量が大きすぎて送れない場合がある。
そんなとき便利なのが、このサービス。

●宅ふぁいる便

●おくりん坊


ウェブ上で大容量ファイルが送受信できるサービス。
とても便利です。しかも無料!
このサービスのおかげで何度助かったことか。
データが重いためにMOに入れてバイク便で出す……なんて
ことをしていたら一体いくら経費と時間がかかることやら。
本当にありがとう、宅ふぁいる便! おくりん坊!

そして、便利な上に、もう1つ密かな楽しみがある。
それは、字面と語感。

いただいた仕事のメールで
「社外秘のデータゆえ、宅ふぁいる便にて別途お送り致します。至急ご確認を」
などという文字を見たとき、そのメール内容のシビアさと、
「ふぁいる」の字面とのギャップに、一瞬拍子抜けしてしまうことも。
社外秘! 至急! でも、宅ふぁいる、みたいな(笑)。

同様に、仕事の緊迫した場面で
「急いで! 午前中までにデータ送ってください! おくりん坊で!」
などという発言を耳にしたとき、その声と内容の緊迫感と、
「おくりん坊」の語感とのギャップに、思わず頬がゆるんでしまうことも。
時間がない! 大変だ! でも、おくりん坊、みたいな(笑)。

ピリピリしがちなビジネスの場だからこそ、
敢えて軽やかな字面と語感を採用しているのかもしれないな。
便利でちょっと楽しいサービス、
これからも利用させていただきます。感謝!
[PR]
by aco_325 | 2006-07-11 11:51 | 気になる言葉

腹六分の付き合い

テレビ番組「オーラの泉」で、美輪明宏さんがこんなことを言っていた。
長く付き合いたい人とは、腹六分の付き合いがいいのよ、と。

「腹八分までもいかず、六分かぁ〜。少なっ!」と思った。
そしてちょっと反省した。
相手が気心の知れたひとで、優しくて聞き上手だと、
どうしても一方的に愚痴を聞かせたり暗い顔をみせたりしがち。

でも、相手の優しさに甘え過ぎてはいけませんな。
会うといつも、愚痴と暗い顔でお腹一杯にさせられるとしたら、
相手はさぞかしつらかろう。
どこかに礼儀を保っておかなくてはの。

一足飛びに「常に腹六分」の付き合いはできなくとも、
「ほぼ腹八分(+たまに満腹)」くらいは実践していきたいと思うのだった。
[PR]
by aco_325 | 2006-06-19 23:26 | 気になる言葉

存在するからには

先日、偶然みかけたこの言葉が、心に響きました。

「周りの人がいなければ、私も存在する意味がない」

とてもシンプルなのだけれど、
私にはとても新鮮で、ハッとさせられる言葉でした。

いままで何度も、「人はひとりでは生きていけない」とか、
「周りを気遣い、人のためになるようなことをしよう」
という言葉を目にしてきました。
でも、これらの言葉は、私の胸に響きませんでした。
それはたぶん、私が「こう生きたい」とか
「これをしたい」という気持ちを強く持っていなかったせいです。
そもそもどうしたいのか、という気持ちがないので、
まわりを気遣う大切さを説かれても、それをする意味や理由が感じられず、
はぁそうですか、と他人事に聞こえたのだと思います。

でも、「周りの人がいなければ、私も存在する意味がない」
という言葉には、不思議と心を動かされました。
周りに誰もいなければ、たしかに自分の存在に意味はないなぁ、
今こうして生きているならば、意味のないことはしたくないなぁ、と
自然に思うことができ、以前より(すこし)周りを見る気持ちになれました。
こう生きたいとか、こうしたい、という気持ちがなくても、
意味もなく生きるのはイヤだという気持ちはあります。
いま実際、こうして生きてるのに、その意味がなかったら不毛ですものね。

         ◇ ◇ ◇

朝、家から会社への道を、自転車で走る私。
車がビュンビュン通り、歩道には人が溢れ、思うように進めずイライラ。
そんなとき、ふと考えます。
周りにいるこの人たちがいなければ、私の自転車はスイスイ進むだろう。
だけど、周りの人がいなかったら、同時に私が進む意味もないんだ、
誰もいないところを一人で進んだって意味がないんだ、と。

         ◇ ◇ ◇

「周りの人がいなければ、私も存在する意味がない」。
これからも、心に留めておきたい言葉です。
[PR]
by aco_325 | 2006-03-30 16:05 | 気になる言葉